2010年09月13日

Carlos Johnson@赤坂 B Flat

昼間は高尾山に行ってたわけですが、夜は TAKASIXX のお誘いで対照的に赤坂のオサレなお店でブルースライブを見てきました。

赤坂でブルースですよ?
声をかけてくれた TAKASIXX に大感謝っす。

さて、主役は Carlos Johnson というシカゴブルース(?)のギタリスト。

・・・すいません、正直お誘いもらうまで知りませんでした m(_ _)m
Rumble on Rose ギターのシンイチ君も一緒だったけど彼も知らなかったみたい。
関係ないけど素顔を始めてちゃんと見たよw
会うのはライブの時ばっかだからね〜


お店は落ち着いた雰囲気で椅子に座って、お酒もウェイター呼んで注文する感じ。
ん〜、最初の1時間はいいけど立ったり座ったりしながら見たいな。
自由に動ける構造だと楽しいんだけど。


それはそれとして、ライブの方は素晴らしかった☆
Carlos 本人は勿論『親友』らしい日本人のゲストギタリスト氏もギターのトーンがエロい・・・
使い込んだ 335 がまたカッコいい。
左利きだけど、右利き用のギターをそのまま使ってる。
弦の順番も右利き用のまま。

そしてダイナミクスのレンジがものすごい広い。
静かにしていても聴こえるか聴こえないか、ってところから爆音まで。
ギタリストの方が色々と感じるところはあるんだろうけど、楽しませていただきました。

そしてさすがブルース、というべきか曲構成はあってないようなもの。
1曲が長いっ!!
DREAM THEATER どころの長さじゃないね!
しかも3コードでw
曲ってか途中は完全にギターバトル的なセッション。


しかし生々しいトーンはやっぱりすごい。
今更ながらギターってあんな音出るんだね・・・


ライブ後にパシャリと。

0912_carlos.jpg

知り合いらしき人達と話してたからちょっと気が引けた(苦笑





んで、今回は招待って形だったので感謝の気持ちでCDでも・・・と思ったら手持ちがなかった orz
いい大人がすみません・・・(汗


posted by タカオックス at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブを見に行った | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。